• ホーム
  • 花粉症治療薬で最も有名なのはアレグラ

花粉症治療薬で最も有名なのはアレグラ

カプセルと瓶

アレルギー症状を和らげる医薬品として最も有名な大衆薬と言えば「アレグラ」です。
CMも有名で、春先になると多くのドラックストアでアレグラを大々的に売り出します。
アレグラの主成分は「フェキソフェナジン塩酸塩」で、この成分は花粉症の薬を服用した時に起こる副作用である眠気があまり無いということで、非常に人気があります。

アレグラを服用すると、アレルギーの諸症状を引き起こすヒスタミンという物質に対する受容体の働きを抑えます。
そうすることで、花粉症によるアレルギー性鼻炎やくしゃみ、鼻水などを緩和する効果をもたらします。
主成分のフェキソフェナジン塩酸塩は比較的穏やかな効き目なので、花粉症が出始める前から服用を始めると、より効果を発揮します。

フェキソフェナジン塩酸塩は花粉だけでなく、ハウスダストが原因のくしゃみや鼻みず、鼻づまりなどのアレルギー症状も改善しますので、一年を通して服用されています。

アレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩は、脂溶性が低いので脳内に入りにくいという特徴があります。
そのため眠気がほとんど起きず、口の渇きなどの副作用もほとんど無いと言われています。
フェキソフェナジン塩酸塩は速効性が高く、効き目が持続する時間が長いことでも有名です。
ただし、アレグラは花粉症に効果的な医薬品ですが対症療法薬なので、アレルギーを根本的に治すものではありません。
また、長期間の服用は定期的に血液検査などが欠かせません。

花粉症などのアレルギー性鼻炎治療で用いられる抗ヒスタミン薬は、第1世代と第2世代に分類されます。
第2世代よりも前に開発された第1世代は、効き目は強いですがその分副作用が出やすく、眠気や口の渇きなどが発現しやすくなっています。
しかし第2世代は、効き目をしっかり確保しながらも、副作用がそこまで強くはありませんので、アレルギー治療薬を服用する人の悩みであった眠気が起こりにくいということで、選ぶ人は多いです。

体内での作用は、第1世代の抗ヒスタミン薬がすでに出てしまった症状を抑える効果を持つのに対し、第2世代の抗ヒスタミン薬は出ている症状を鎮めるだけではありません。
アレルギー症状を引き起こしている物質が体内に放出されないよう元から抑えるという作用を持ちます。
アレグラは第2世代の代表的な花粉症治療薬として発売されている、最も有名で優れているアレルギー治療薬だと言えます。

アレグラにおける処方薬と市販薬との違いは?

アレグラを入手する場合、病院で処方してもらうかドラックストアなどで市販薬を購入することになります。
病院で処方されるのは「アレグラ」で、ドラックストアなどの市販薬は「アレグラFX」となっています。

処方薬であるアレグラ錠60mgと市販薬であるアレグラFXは、両方ともフェキソフェナジン塩酸塩を60mg含んでいて成分量は同じです。
同じなのは成分量だけではなく、大きさや剤型、添加物も同じとなっています。
唯一、錠剤の外観が異なりますが、これは処方薬と区別できるように刻印を変えているためです。

病院で処方されるアレグラには、水なしでも飲めるタイプやアレグラ錠30mgもあります。
子供でも飲みやすいようにアレグラドライシロップなどもあります。
市販薬のアレグラFXは今のところ錠剤タイプのみとなっています。

また、処方薬と市販薬のアレグラには、服用可能な年齢の範囲に違いがあります。
服用できる年齢の範囲の違いは、市販薬のアレグラFXの場合は15歳未満の子供は服用することができません。
自己判断での服用は危険なので、必ず病院を受診して医師の適切な処方を受けるようにしましょう。

処方薬のアレグラでは、通常、7歳以上12歳未満の子供には1回30mgを1日2回、12歳以上の子供には1回60mgを1日2回経口投与するということになっています。

15歳以上の成人の場合の飲み方は、市販薬と処方薬で基本的には同じです。
1回1錠(60mg)を1日2回朝夕に服用します。
アレグラは食前・食後など飲むタイミングは特に関係なく、空腹時でも飲むことができます。

ドラックストアで購入できる市販薬は、病院が休診日で手に入らない時に便利です。
一方、処方薬は健康保険が適用されるので、自己負担額は薬価の3割となりますが、診察代や調合料などがかかります。