• ホーム
  • 花粉症の改善にレーザー手術も可能です

花粉症の改善にレーザー手術も可能です

花粉症の治療としてはさまざまなものがありますが、レーザー手術をすることで改善が可能です。
症状がつらくて市販薬などの対策でもうまく治療できないときは、レーザー手術を検討してみましょう。
まずは病院で診察を受けて、どの程度の花粉症かを診察してもらいます。
レーザー手術が適切かどうかを見極めてもらうことが大切です。
実際には、特殊なレーザーを鼻の粘膜に照射します。
そうすると、鼻のアレルギーを起こす場所が減ることになります。

さらに、粘膜のアレルギー反応を鈍くする効果も期待できます。
花粉症の症状が強すぎると日常生活の支障をきたし、仕事もまともにこなせないことがあります。
そのような人にとっては、レーザー治療が大きな効果をもたらします。
出血が少なく、痛みを感じることがないレーザーもありますから、適切な治療を病院に選択してもらうことが重要です。

痛みを感じないので、安心して手術を受けることができます。
鼻づまりがあるときは、鼻水の臭いの軽減やいびきの改善にもつながることがあります。
まれに、レーザーを照射するとくしゃみや鼻水が数日間出てしまうことがあります。
一週間以内に収まることが多いので、あまり神経質になる必要はありません。

そのほかの副作用としては、手術後の出血、粘膜の萎縮や癒着が想定されます。
しかしこれらの副作用は、治療を行ってくれた病院でケアしてくれます。
手術じたいは日帰りで行えるので、患者の負担は少なくて済みます。
費用は健康保険が適用されます。
初診時に2500円から4500円くらい、手術時には9000円程度かかります。

これらは、3割負担の場合の費用です。
症状の内容や検査によって費用は異なります。

あくまでも目安ですから、実際に確認することを忘れないようにしましょう。
病院によってレーザーの種類も異なるなど、それぞれに特徴があります。
自分に適した病院を探すためにも、特徴を比較しましょう。

レーザー手術で花粉症治療をする費用や安全性は?

花粉症の治療法の一つとして、鼻レーザー手術が盛んになってきました。
費用がどれぐらいかかるかについてはよく質問が寄せられるところです。
鼻レーザー手術では健康保険が適用されますので、病院の窓口で支払う金額は、初診時で2,500~4,500円程度、手術のときは9,000円ぐらいがかかってきます。
もちろん、患者の症状や検査手法によって治療内容が異なってきますので、あくまでも費用は目安として考えておくのが適切でしょう。

また病院によっては、過去に他の医療機関で検査を受けていて、そのときの検査結果を持っているのであれば、その分の検査費用を省略できるところもあります。
レーザー治療のやり方としては、鼻粘膜にレーザーを照射することによって粘膜の表層部分を変性させて、鼻のアレルギー反応を鈍化させるようにするものです。
強い花粉症に苦しんでいて、シーズン中は仕事も勉強も手がつかないという重度の症状の人とか、あるいは妊娠中や授乳中で、薬の服用を可能な限り抑えたいという人に向いている治療法として効果を上げています。
ただレーザー治療法はアレルギー体質を抜本的に変換する治療ではなくて、鼻粘膜での過剰なアレルギー反応を抑制する治療ですので、その点は正しく理解しておかなければなりません。
つまりレーザー治療の効果は将来にわたって永久に続行するものではないのです。

個人個人によって違いはありますが、約2年間は効果が十分に持続するというのが通例です。
もし期間が過ぎて効果が薄れてきたときには、再び治療することは可能です。
治療にあたってはほとんど痛みがなく、また処置中や処置後に出血することもほぼありません。
このように非常に安全性の高い手術です。