• ホーム
  • 市販薬クラリチンEXの効果について

市販薬クラリチンEXの効果について

アレルギー性鼻炎で悩んでいる人はたくさんいるでしょう。
薬をもらう為に毎回病院に行くのは大変なはずです。
薬代の他にも診察代や交通費がかかってしまうのでお金もかかります。
そんな人達にオススメなのが市販薬として販売されている大正製薬のクラリチンEXです。

大正製薬のクラリチンEXはドラックストアなどで購入できるのでとても便利です。
ですが、市販薬として販売されてすぐに要指導医薬品に分類されたので薬剤師がいるお店でしか購入出来ません。
ですので、ドラッグストアに行く前に薬剤師がいるかどうか調べてから行きましょう。

クラリチンEXの有効成分はロラタジンです。
この有効成分のロラタジンは抗ヒスタミン薬と呼ばれていてアレルギー症状を抑えてくれます。
なぜ抗ヒスタミン薬と呼ばれているのかというと、アレルギー症状を引き起こす原因のヒスタミンの作用を抑えられるからです。
ですので、アレルギー性鼻炎に効果があります。
効果が現れるのは早く持続時間がとても長いので服用するのは1日1回1錠です。

服用するタイミングは食後で、できるだけ毎回同じ時間帯に服用しましょう。
正しい服用方法を守る事が大切です。

ドラックストアに行く時間がない人は個人輸入でクラリチンのジェネリック医薬品を購入することもできます。
個人輸入は服用する本人が海外から輸入して購入する方法です。
個人輸入代行の通販を利用すれば簡単に購入できるので難しく考える必要はありません。
一般的な通販と同じように注文すれば良いだけです。
クラリチンEXと同じ有効成分が含まれているので効果は同じです。

ですが、安い価格で購入できるのでオススメです。
薬代を出来るだけ安く抑えたいという人も利用してみるといいでしょう。

ですが、偽物が販売されている場合もあるので購入する時は気を付けないといけません。
ランキングを調べたり口コミを見たりして安全なところかどうか見極めましょう。
服用する前には副作用があるかどうか確認しておかないといけません。

クラリチンに副作用はある?

クラリチンは第2世代の比較的新しい抗ヒスタミン薬なので、眠気などの副作用はほとんどありません。
ですが、副作用には個人差があります。
人によっては眠気や口の渇き、便秘などの副作用が出る場合があります。
何か気になる症状が出た場合は、医師か薬剤師に早めに相談しましょう。

クラリチンEXにはいくつか注意点があります。
15才未満は服用できないので気を付けないといけません。
授乳中の人は服用しないようにしましょう。
服用している時に授乳すると薬の成分が移行してしまうと報告されています。
服用する時は飲み合わせに注意が必要です。
抗生物質のエリスロマイシンや胃の薬のシメチジンと一緒に飲んでしまうとクラリチンの血中濃度が上がる可能性があります。

お酒は出来るだけ飲まない方が良いです。
お酒を飲んでしまうと副作用がひどくなる場合があります。

市販で販売されている風邪薬などにも抗ヒスタミン薬が含まれていることがあるので気を付けないといけません。
一緒に飲んでしまうと効果が重複してしまい副作用のリスクが高くなります。
ですので、市販の風邪薬を購入する時は含まれている成分をしっかり確認しましょう。
マレイン酸クロルフェニラミンや塩酸ジフェンヒドラミン、フマル酸ケトチフェンなどの成分が含まれている風邪薬は一緒に飲んではいけません。
注意点を守って服用すれば、効果を最大限に引き出せます。

副作用がひどかったり長く続く場合は服用をすぐにやめて病院に行きましょう。
症状が良くならないからといって長期にわたって服用するのは良くありません。
アレルギー性鼻炎ではなく他の病気が原因の場合もあります。
ですので、自分で判断せずに医師の診断を受けるようにしましょう。