薬のボックス

ジルテックは有効成分セチリジン塩酸塩の働きで、花粉やハウスダスト等のアレルゲンに刺激された肥満細胞から放出されたヒスタミンが受容体と結合するのをブロックします。
これにより花粉症などで起こる鼻炎やかゆみといったアレルギー症状を抑えます。
ジルテックは抗アレルギー薬で生じやすい眠気や口の渇きなどの副作用が少なく、服用後の効果が24時間持続することから1日1回の服用で済むという利点も持っています。

ジルテックに眠気などの副作用が少ないのは、服用後に眠くなりやすかった第1世代抗ヒスタミン薬の問題点を改善して開発された第2世代抗ヒスタミン薬に属しているからです。
余分な影響を及ぼしにくくヒスタミンにのみ集中的に働く薬効を持つため副作用を抑えながら、優れた抗アレルギー効果をもたらす薬になっています。
ジルテックに含まれるセチリジン塩酸塩には抗ヒスタミン作用の他にも、ロイコトリエンやプロスタグランジンD2というアレルギー症状を引き起こす別の化学伝達物質の分泌を抑制する効能も備えています。
なのでアレルギー対策へのプラスアルファの効能と言えます。

さらにジルテックは抗好酸球作用によって白血球の一種である好酸球の浸潤を抑えるという働きも持ちます。
好酸球は多くの物質を分泌してアレルゲン等に攻撃を行いますが、その影響で周囲の組織を傷つけてアレルギー症状そのものを悪化させる原因になることがあるため、ジルテックがそれを抑えて症状が重くなるのを防ぎます。
アレルギーへの優れた効能を持つジルテックの有効成分セチリジンはジェネリック医薬品にも使われ、処方薬だけでなく市販薬にも配合されるようになっています。

眠くなりにくい上、重い副作用は起こりにくいとされるジルテックですが、眠気が全く出ないという訳ではないことから、服用直後には車の運転を控えたり、高所での危険な作業や機械の操作は避けたほうが良いとされています。
人気が高いジルテックはジェネリックも含め通販で購入する人も増えていますが、用法用量や注意事項を守って服用し異常を感じた際は医師に相談することが大切です。

花粉症になってしまう原因とは?

花粉症はスギやヒノキといったアレルゲンとなる花粉が体内に侵入してきた際、それを異物とみなして排除しようとする免疫反応によって発症します。
アレルゲンの刺激によって炎症や免疫反応といった生体防御機構かかわる肥満細胞から、ヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出されます。
それがヒスタミン受容体と結合してクシャミや鼻水、鼻づまりや目のかゆみといったアレルギー症状を引き起こします。

花粉症の場合は春のスギやヒノキや秋のヨモギやブタクサなどのアレルゲンになりやすい花粉が空気中に多く浮遊して、アレルゲンが抗原となって鼻の粘膜などに付着することで体内に抗体が作られ肥満細胞に付着します。
そして再びアレルゲンが侵入した時に肥満細胞からヒスタミン等のアレルギー誘発物質が放出されて症状が出るようになります。
花粉症になりやすい人は、両親のどちらかあるいは両方にアレルギーがあるなど生まれつきの体質も大きく影響しています。

花粉症の症状が出る直接の原因はアレルゲンとなるスギなどの花粉ですが、現代になって花粉症に悩まされる人が急増したのは、食生活などライフスタイルの変化による影響も少なくないと考えられています。
特にインスタント食品やスナック菓子など添加物の多い食品を口にする機会が増えたことや、ストレスの多い不規則な生活サイクルや睡眠不足なども発症の引き金になるとされます。
さらに車の排気ガスなど大気汚染の影響も少なくないと言われ、スギが多い山林地域に住む人より都会のほうに花粉症患者が多いことの原因と推測されています。

ジルテックなどの効果の高い抗ヒスタミン薬が通販でも購入できるようになった便利な現代です。
花粉症に罹るリスクを低減させたり症状を少しでも抑えるために食生活を見直したり、生活サイクルを整えて睡眠をしっかりとるなどの対策も重要と言われています。
花粉がしみ込みにくいアスファルトの多い都市部にすむ人は、外出時にマスクをして花粉を吸い込まないようにするという基本厳守も大事です。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索